五月病のあなたへ!気持ちをどうにかする対処法とは

ライフ

4月に入社した新入社員の方や、在籍する会社で年次が上がった方、新たな生活にワクワクしていたことでしょう。早くも1ヶ月が過ぎ、長いようで短いGWを過ごして、久々の出社。

あれ、会社に行きたくない。私のやる気はどこに行った?

そんな五月病を発症したあなたに送る、人生の処方箋です。この機会に5月病をマスターしてしまいましょう!

五月病とは

そもそも五月病とは何でしょうか。

五月病は、「新しい環境に慣れることができず、心身が不調になること」です。新入生や新入社員などの新しい環境に飛び込んだ方がなりやすいと言われていますが、会社が変わっていなくても、自身の役職や周囲のメンバーに変更があった場合でも、起きやすい症状です。

「やる気がしなーい。五月病かなー。」と気軽に言っている方は要注意。五月病自体は正式な病気とは言いにくいですが、症状によってはうつ病や適応障害と診断されることもあるので、あまりにひどい場合は医師の診断を受けた方がいいでしょう。

五月病が5月に起こる理由

5月に不調が起きるのは、GW(ゴールデンウイーク)中に気持ちの変化が起きやすいことが原因と言われています。

4月に慣れない環境で気を張っていた人は、GWに入って体調を崩すことも多いです。体調が悪くなると気持ちも弱くなりやすいので、「やっぱり会社が合わないかも…」という気持ちになってしまうのです。

また、新しい環境に「本当にここでがんばっていいのだろうか?」と疑問を抱きながら在籍していた場合、GW中に時間があると、その疑問の答えをつい考えてしまいます。その結果、「やっぱり辞めたい」という気持ちになることがあります。言い方は悪いですが、会社から長時間離れることで「会社の洗脳から目を覚ます」状態になりやすいのです。

最近は六月病も存在

ここ最近の五月病は「新五月病」や「六月病」とも言われています。4月いっぱいは新人研修を行ない、5月に各部署に配属されて業務を始める場合に、1ヶ月ずれて6月に発症するケースがあるため、六月病と呼ばれるようになりました。

五月病を乗り越えるための方法とは

つらい五月病を乗り越えるためには、次の通りに行動するのがおすすめです。

五月病の原因を特定する

五月病を引き起こした原因をしっかり特定しましょう。

漠然と「会社が嫌」と思っても、会社のどの部分が嫌だと感じるのでしょうか?会社の雰囲気や人間関係、仕事の内容など、原因になりうるものはたくさん存在します。すべてに嫌悪感があるなら、そもそもその会社にはいないはずです。客観的に自分の気持ちを観察してみましょう。

会社や学校に気持ちの矛先が向いていても、実は自分に原因があるかもしれません。「会社が嫌」ではなく、「会社にすら適応できない自分が嫌」なのかもしれないですよね。その場合は、もし会社を変えたとしても、また五月病になる可能性が高いので、自分と向き合いましょう。

原因を解決するために行動する

原因がわかったら、五月病解消に向けて行動しましょう。解説方法を4点ご紹介します。

自分の考え方を変えてみる

例えば、会社の上司が五月病の原因だったとします。その上司の嫌なところばかりが目についていませんか?

人というのは、どんなに嫌な人でも、その人を大切に思っている家族や友人が1人はいるものです。ということは、その人には必ず長所があるはずです。その長所に目を向けてみましょう。

会社もそうです。長所と短所は表裏一体です。「風通しが良い」のが長所であれば、「遠慮なくフィードバックされる」のは短所です。でもどちらも同じことですよね。嫌だと思うその現象の「良いところを見つける」訓練をしておくと、今後の人生が生きやすくなると思います。

もし「環境に適応できない自分が嫌」なら、その環境で粘って成長して自分に自信をつけたり、自分の不完全さを受け入れる心を持てるようになったりすることで、解決できるでしょう。

転職をする

入社してみて、入社前の説明とかなり違うことがあった、というのは、ブラック企業でなくとも良く起こります。例えば以下の事例があります。

  • 給料が30万円だと言われて入ったけれど、入社したとたん業績が悪化して給料が20万円になった。
  • 社長が変わって、会社の方針が変わってしまった。
  • 内定していた部署と違う部署に配属になり、希望の仕事ができなかった。

この場合は個人の力で短期間で解決するのは難しいため、思い切って転職することをおすすめします。

気分転換をする

あなたが憂鬱な気分になっているのは、特定の原因があるわけではなく、ただ単に体や気持ちが疲れているだけかもしれません。そんなときは気分転換をしましょう。

日頃から忙しい方は少しゆっくりする時間をとってみたり、趣味に没頭して時間を忘れてみたり、土日に温泉や小旅行に出かけてリフレッシュするのもおすすめです。同僚に相談して気が楽になることも多いです。

気持ちを軽くして、嫌な気分を吹き飛ばしてしまいましょう。

病院に行って診察してもらう

憂鬱な気持ちが晴れない、微熱が続く、食欲不振、不眠、頭痛や便秘などの症状が2週間以上続く場合は、うつ病や適応障害の可能性があります。無理せずに休暇を取って、病院へ行きましょう。

精神科に行くのは気が進まないという方もいるかもしれませんが、うつは「心の風邪」とも言われるほどポピュラーな現代病ですから、「私は現代人の最先端だ!」と思って、勇気を出して受診してください。悪化してからでは遅いです!

五月病を乗り越えて、快適な毎日を取り戻そう

五月病はさまざまな方法で乗り越えることができます。不治の病ではないのです。早く克服して、楽しい日々を取り戻しましょう!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

ayumi

東京都在住、三十路のフリーライターです。猫派。

コメント