生活雑貨・雑貨屋巡り東京編(1)

ライフ

かわいい雑貨を探しに行く・東京雑貨屋巡り

Paco / Pixabay

「雑貨屋巡り」という言葉を聞くことがあります。Googleで「雑貨屋巡り」を検索すると、関連キーワードとして「東京」「大阪」「神奈川」などのワードが多く出てきます。「東京」「大阪」「神奈川」はかなり広域です。普段、これらの地域に住んでいる人であれば、このような広域で検索することは無いと考えるのが普通でしょう。

これらの検索ワードを使って検索する人は、観光や出張ついでにこれらの地域で「雑貨屋巡り」しようと考えていると推測できます。「雑貨屋巡り デート」という検索ワードも上位に入っています。これだけ「雑貨屋巡り」をする人が多いのであれば、「雑貨屋巡り」のできる場所から雑貨の世界に入っていってみましょう。

雑貨屋巡りができる場所

日本国内であれば、雑貨屋巡りができる場所は無数にありそうですが、ここ数回は東京に絞って雑貨屋巡りができるエリアをチェックしていきましょう。

東京で雑貨屋巡りができるエリア

東京で雑貨屋巡りができるエリアは、それこそ無数にありそうです。下北沢、青山、原宿、渋谷、代官山、中央線沿線などなど、すぐに思いつくだけでもこれだけあります。1つのエリアを重点的に見ても良いですが、フレキシブルにこれらのエリアをハシゴするのも良いでしょう。

東京・下北沢で雑貨屋巡り、昭和レトロ、服飾、何でもそろう

小田急線と京王井の頭線が交差する下北沢は、「昭和」の時代から若者の街として知られてきました。何か昔ながらの雰囲気と、新しい文化が混じり合った味わい深い街です。

アンティークライフジン

アンティークライフジンは、長年、この下北沢に店舗を構える、家具を中心とした雑貨屋です。アンティークと言えど、アンティークだけを扱っているわけでは全くなく、全般的にはレトロな雰囲気を持つ雑貨を店内、店頭に所狭しと並べている感じでしょうか。同じ下北沢に2号店もあり。営業時間は平日12時から20時、土日祝日は11時開店です。

住所:東京都世田谷区北沢2-30-8
電話:03-3467-3066
ホームページ:http://www.antiquelife-jin.com/

T Four(ティー・フォー)

日用雑貨からアクセサリーまで、幅広い商品構成が魅力のT Fourは、ここ下北沢では古い雑貨屋の一つでしょう。なんでもありの雑貨屋さんとしては王道のスタイルかもしれません。営業時間は11時から21時まで。年中無休。

住所:東京都世田谷区北沢2-30-14 ビルトレンディ1F
電話:03-3460-3647

AVRIL(アヴリル)

雑貨屋アヴリルは

パリジェンヌのアパルトマンのように、古いモノと新しいモノ。
ヨーロッパやアジア…色々な国の雑貨で居心地良くミックスされています。

雑貨屋アヴリル・ホームページより

という通り、フランス文化をこよなく愛するオーナーの世界が表現された癒やしの空間です。
時々、フリーマーケットなどにも出店しているようです。営業は12時から20時まで。不定休。

住所:東京都世田谷区代沢2-31-17 1F
電話:03-3487-3194
ホームページ:http://www014.upp.so-net.ne.jp/avril/index.html

peche(ペッシュ)

@chika_h.0901017がシェアした投稿

ペッシュはフランスやスペインの小物、ヴィンテージを扱うセレクトショップです。アクセサリーからインテリアに至るまで、幅広い商品構成の中にもお店のカラーが反映されています。「フランス語絵本の読み聞かせ」などのイベントも積極的に開催しています。

住所:東京都世田谷区北沢2-27-2
電話:03-5453-3634
ホームページ:https://peche.jp/

あんてぃかーゆ

この下北沢にお店を開いて30年以上。アンティークショップ「あんてぃかーゆ」は、レトロ風味のありとあらゆるアイテムが所狭しと並ぶタイムスリップスペースです。昭和な世界にひたりたい方は必見。営業時間は平日12時から19時、土日祝11時から18時。水曜定休です。

住所:東京都世田谷区北沢 2-5-8
電話:03-3419-1033
ホームページ:http://antiquaille.jp/

東京レトロ a.m.a store

こちらの東京レトロ a.m.a storeも昭和好きには必須のスポットです。おもちゃ、電化製品から家具に至るまで、店内にあふれるテイストは懐かしさと暖かさが感じられます。営業時間は13時から19時。不定休。

住所:東京都世田谷区北沢3-34-2
電話:03-3466-8530
ホームページ:http://www.amastore.jp/

Village Vanguard下北沢店(ヴィレッジヴァンガード下北沢店)

ご存知「遊べる本屋」は下北沢にもあります。下北沢のヴィレヴァンは、ショッピングセンター等に入っている形態ではなく、路面店なことが特徴です。雑貨から漫画本まで、掘り出し物を探しに行きましょう。営業時間は10時から24時。年中無休です。

住所:東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢1F
電話:03-3460-6145

sopo keittio(ソポ ケイッティオ)

ぽんたさん(@ponta3394)がシェアした投稿

2015年にオープンしたsopo keittioは北欧雑貨とナチュラル雑貨をメインに取り扱っています。ナチュラルとPOPがテーマのこの雑貨店では、雑貨作家のガーデン物や季節物アイテムも取り扱っています。営業時間は平日14時から19時、土日11時から19時まで。火曜日が定休日です。

住所:東京都世田谷区北沢2-40-18
ホームページ:https://sopo-keittio.com/

TENTOTE(テントテ)

雑貨屋だけどご飯もコーヒーもビールも味わえる。それがTENTOTEです。雑貨作家の作品と共に、障害を持つ方による手作りアイテムも販売しています。カフェメニューはガパオライスやスパイシーカレーなどエスニックな物が中心。日本のクラフトビールもいただけます。営業時間は13時から24時。不定休。

住所:東京都世田谷区北沢2-17-10
第2滝本ビル301
電話:03-6751-3832
ホームページ:https://tentote.jimdo.com/

nonsense(ナンセンス)

ヴィンテージ、アンティークからハンドメイドまで、味わい深いアイテムを下北沢で探すならこのお店です。営業時間は13時から20時。火曜日(不定)と水曜日がお休みです。

住所:東京都世田谷区代沢5-6-16
電話:03-3418-0530
ホームページ:http://non-sense.jp/

東京雑貨屋巡りのスタートは下北沢

下北沢は雑貨屋の数、そして雑貨屋さんの個性も様々なので、東京での雑貨屋巡りのスタートに最適なエリアでしょう。下北沢は昭和の時代から、芸術を中心とした、若者文化の発信地としての役割を担ってきました。昭和レトロから北欧雑貨、ヴィレヴァンまで、さまざまな雑貨屋がそろう街は「雑貨屋巡り」の聖地とも言えるでしょう。下北沢には、ここにご紹介した以外にもまだまだ面白い雑貨屋さんがたくさんあります。お気に入りの店、掘り出し物を探しに出かけましょう。

コメント