Webライティングってなに? 効果的なWebライティングをする方法

Web Writing WEBライティング

Webライティングとは

Webライティングとは、ユーザーが求めているコンテンツの記事を、コンピュータから適切に評価してもらう形式で執筆することをいいます。検索エンジンが進化により、ユーザー目線の適切な言葉を用いた文章にすることが重要視されるようになりました。

Web Writing

janeb13 / Pixabay

 

Webライティングで大切なこと

ユーザーが理解しやすい文章にしよ

内容が一目でわかる構成

サイトの文章で最も大切なことは、ユーザーが欲している情報を的確に提供することです。そのためダラダラと長い文章ではなく、簡潔で具体的な文章が求められます。テーマごとに見出しで区切ったり、箇条書きを使用したりすることも効果的です。また、雑多な内容を盛り込みすぎず、コンテンツを一つに絞ることが大切です。

わかりやすく適切な言葉選び

Webライティングにもとめられるのは、オリジナリティではなく解りやすさです。独自の言い回しではなく、万人が理解できる表現が相応しいでしょう。さらに、検索で併用されそうな関連ワード(Webライティングなら「方法」「コツ」など)を使用することでさらに質が上がります。

 

検索エンジンから評価されやすいキーワードを意識しよう

効果的なキーワードを選ぼう

検索エンジンからの評価のカギとなるのは「自立語」です。名詞、動詞、形容詞、形容動詞を指していて、コンテンツに関連するこれらの言葉を用いることが、重要となります。一方で、「」や・・・、☆などは評価に関係のない言葉です。大きく意味を持たないものはなるべく省略、または短くしましょう。

キーワードを適切に配置しよう

重要な言葉は、なるべく文頭に置きましょう。タイトルにキーワードを使用したり、見出しタグを本来の意味に沿って用いることで、検索エンジンから検索エンジンから評価されやすくなります。

 

ユーザーと検索エンジンから評価されるWebライティング

サイトを適切に評価してもらうには、ユーザーと検索エンジンの両方に向けた対策が必要です。

以上を踏まえて、サイト内コンテンツをもう一度見直してみましょう!

 

The following two tabs change content below.

コメント